結婚はゴールではなくスタート

こんな方は配偶者に選んではいけません

結婚の前の段階ではなかなかそれを見抜くことが出来ないのですが、絶対に結婚しない方が良いタイプの方がいます。それはあなたの生命や財産を脅かすような行動をとってしまうタイプの方です。まず一番注意した方がいいのは酔ったり怒ったりと、ふと何かの拍子で配偶者に暴力をふるう人です。俗にいうドメスティックバイオレンスの問題を引き起こす配偶者とは、長い間一緒に住むことは出来ません。配偶者だけでなく子供にまで暴力をふるう人は最悪ですね。配偶者の生命や健康を脅かすような人は絶対にパートナーに選んではなりません。またギャンブルやショッピングにお金をつぎ込み始めると止まらなくなる人も困ります。借金までしてパチンコに興じる方、最近は珍しくないようです。夫婦でのめり込むと歯止めが効きませんが、ギャンブルで借金を抱えて家計を破たんさせるような方とも長い間生活を共にすることは出来ません。配偶者がパチンコや競馬などのギャンブルで借金を作ったため離婚した、というような話は枚挙にいとまがなく注意して頂きたいところです。ただ結婚当初はギャンブルに興味がなくても、ある日その(うま味)を知り抜け出せなくなった、という事もありますので防ぐのは難しい面があります。それから浮気も悩むところです。見えないところでコッソリと・・という程度なら許す方もいらっしゃるかもしれませんが、あまりにも浮気が過ぎればそれも考えものです。浮気が原因で離婚した、という話も良く聞きますので、あまりにモテる配偶者も考えものですね。独身時代には「モテる彼氏」「高価なプレゼントを頻繁に買ってくれる彼氏」とプラス評価の部分が、結婚後はマイナスになってしまう事もあるのです。

国際結婚の落とし穴

国際結婚と聞くと何だかかっこいい、素敵、というイメージがあります。ただしこの国際結婚にもトラブルがつきものです。全ての国際結婚のカップルが別れる、うまく行かないわけではなく、仲よく順調に進むケースも多々ありますので脅すわけではないのですが、国際結婚が増えると同時に離婚も増加していますので、何らかのトラブルが起きる可能性があります。国際結婚で一番もめるのは「親権」で争うケースでしょう。外国で結婚し、やがて子供を生んだ女性が夫と離婚。親権や面会権などの話をしっかりとしないまま子供を日本に連れ帰った場合、母親は幼児誘拐の罪に問われるのです。「国際的な子の奪取の民事面に関する条約」(ハーグ条約)をご存じでしょうか?子供の親権についての話し合いをしないまま、勝手に子供をそれまでの居住国から他国に連れ出すと、幼児誘拐罪を犯した犯罪者になってしまうのです。日本はその条約を締結していないため、日本に勝手に子どもを連れ帰っても違法にはなりません。ただし日本を離れ、ハーグ条約を締結した国(世界で約80か国)に入国すれば当然「幼児誘拐犯」として逮捕されてしまいます。実際に他国で逮捕され、裁判にかけられた事例があり、日本以外の国で国際結婚をする場合には注意して欲しい点です。国際結婚の場合、宗教や生活習慣、言葉の壁などの事情でうまく行かなくなる事もあり、「国際結婚ってかっこいい」というイメージだけでは語れないものもあります。強い愛情や絆、周囲の理解、コミュニケーションがスムーズに行えるなどの条件が揃わないと、長く結婚生活を続けることは難しい面があることを知ってく方が良いでしょう。

結婚前は両目をひらいて、結婚後は片目をとじて

結婚前は両目をひらいて、結婚後は片目をとじて、という言葉があります。結婚する前は細かく相手の性格や行動、趣味、考え方、価値観などを見定める事、そして結婚後は多少のだらしなさやいい加減さ、また神経質な面など気になる行動には目をつぶることが結婚生活をうまく送る秘訣である、と言われています。これはなかなか良い言葉だと思います。お互いに生まれも育ちも違う二人が出会い、恋に落ちてやがて結婚するわけですから、考え方が全て一致し、お互いに衝突することなくスムーズに結婚生活が送れるはずがありません。それでも結婚前はしっかり相手の性格や趣味、嗜好などを知り、それが許容できる範囲のものかどうかを見極め、結婚後は多少の事には目をつぶるくらいでなければなりません。自分の思うとおりにならないからといって、結婚後もガミガミ、ネチネチと相手を責め、その行動を束縛して言葉の暴力を浴びせるようではうまく行くはずがありません。所詮、生まれや育ちが違うのだからとあきらめる面はあきらめましょう。人の心を完全にコントロールすることはできないのです、それが例え夫婦であっても。けれどもしっかりとした信頼関係は構築しておかなければなりませんので、普段から些細なことでも相談し、コミュニケーションを円滑にしておく必要はあるでしょう。結婚を長く継続していく秘訣は、寛容な心と信頼関係です。そのような素晴らしい関係が築ける方との出会いは、誰にでもあるのです。

結婚は人生を充実させ、人を幸せにしてくれるものです。一人で歩いてきた人生を二人で歩むことができる喜び。そして家族が増える喜び。家庭を持つ喜び。ただ世の中には結婚に向かない方がいるのも事実です。結婚前にはしっかりと自分の目で、相手の本質を見極めたいものですね。