結婚相談所とは?

結婚相談所での婚活

「ずっと独身のままはイヤ、早く結婚したい。でも会社と家との往復で出会いが全くない」「シャイな性格で異性に話しかけられない」「結婚はしたいけど、もう四十路を過ぎてしまった・・」そんな悩みをお持ちの方は、結婚相談所を利用するという方法があります。異性との出会いを求める男女の仲をとりもつ結婚相談所。そんな結婚相談所はどのような活動をして婚活をサポートしてくれるのでしょうか?一番大事な仕事は、それぞれの希望にあった男女を引き合わせることですね。けれどもその前にまず、結婚相談所のスタッフは結婚相談所に関するシステムや成婚までの流れや必要な費用を説明します。その説明に納得できたら入会です。結婚相談所では会員のデータ(氏名・生年月日・住所・職業・年収・写真・各種アンケート結果など)を収集しており、そのデータに自分の希望とする条件を入力すると、それらと合致したお相手を紹介してくれます。こうして見るとまるで「出会い系サイト」のようなシステムに見えますが入会時に身元をきちんと調査していますので、氏名や年齢や職業、住所をごまかすようないかがわしい人がいない点では安心ですね。お付き合いに至るまでの連絡は結婚相談所が間に入って調整してくれますし、トラブルが起きても結婚相談所が対応してくれますので安心です。出会いをとりもつ以外にも、婚活パーティーを開催して出会いの場を提供したり、異性へ与える印象を良くするためのセミナーの開催、カウンセラーによるコンサルテーションなど様々なサポートを行っています。

大手結婚相談所について

結婚相談所には3つのタイプがあります。まず大手の結婚相談所が挙げられます。全国に支店を持ち、全国に数万人規模の会員を持つ大きな結婚相談所は、結婚相談所というよりも結婚情報サービスと呼んだ方がふさわしいかもしれません。会員数が数万人規模の大手結婚相談所は、毎月毎月必ず何人かのお相手を紹介してくれますし、年間数千回を超えるお見合いパーティーに参加できます。お見合いパーティーの種類も、1対1のお見合い形式から、少人数のミニパーティーや大規模な飲み会。ゴルフやテニス、ランニング、読書、エコ活動などスポーツや趣味を生かしたパーティーなど趣向を凝らしたものもあります。最初のうちはパーティー自体に慣れていませんので、いきなり大人数が集まるものに参加するのではなく、10名程度の少人数のパーティーから参加していきましょう。また入会した時から専任のアドバザーが婚活をしっかりとサポートしてくれますし、インターネットで気になる方のプロフィールや顔写真を閲覧することも可能です(サービスによっては、一か月に何人までという制限があります)。紹介してくれる人数が多ければ多いほど出会いのチャンスは増えていきますので、積極的に利用していきましょう。

 

個人経営や仲人連盟・仲人連合会加入の結婚相談所について

全国展開の大手結婚相談所とは正反対に、個人経営や仲人連盟に加入した結婚相談所もあります。規模が小さいので会員数が少ないのが短所と言えば短所ですが、地域密着型で仲人も一人一人の経歴や個人的な希望を把握しているためきめ細やかなサービスが受けられるのが特徴です。会員数が少ないので毎月数十人、数百人と多くの方を紹介してくれる可能性は低いのですが、地元で結婚したい方や身元のしっかりした方と出会いたい方にはうってつけです。仲人さんもベテランが多く、長年のカンや経験から多くの有用なアドバイスがもらえます。大規模な結婚相談所では一人のカウンセラーが多くの会員を受け持っているため、十分な時間をかけて相談にのれない可能性もあるからです。会員数がそれほど多くないので、カウンセラーと十分な相談が出来なかった、という不満が出にくいシステムです。また仲人連盟や仲人連合会などの団体に所属している結婚相談所は、加盟している相談所のデータを閲覧することができるため、その地域だけでなく全国規模でお相手を探すことが可能です。アットホームな雰囲気でリラックスしてお相手探しがしたい方に向いています。また時間がない方は、お相手を探してお見合いまで段取りをつけてくれるシステムがおすすめです。結婚相談所のサービス内容にもよりますが、一般的に個人経営の相談所では会員一人一人に目が行き届きますので、きめ細かく対応してくれます。

インターネット型

これはインターネットを利用してお相手を探すサービスです。結婚相談所というよりはインターネットのデータマッチングサイト、と言った方がしっくりくるかもしれません。入会すると自分の個人情報を入力してお相手を探します。このシステムでの利点は費用が格安で済む点です。仲人さんがセッティングしてくれる結婚相談所の場合、必要な費用は年間で数十万円ほどになることがあります。けれどもデータを登録し、会員が自由に検索機能を使いお相手を探すシステムでは、費用が年に数万円程度。または女性は費用が無料など、他の形態のサービスに比べて格安です。その代りアドバイザーやカウンセラーはいませんので全て自分の責任と行動力でお相手を探す必要があります。相手に自分の住所や電話番号、メールアドレスなどを教えなければなりませんので、個人情報を守りたい方にはおすすめ出来ません。また入会時に独身であることや身元はハッキリしていますがトラブルが起きる事もあり、このタイプのサービスを利用するためには「自己責任」で、ある程度のトラブルが起きても対処できる自信がある方が前提です。またカウンセリングだけでなくパーティーやセミナー等のイベントもありませんので、お相手探しに自信がない方、誰かの助言が欲しい方、異性に積極的にアピール出来ない方、トラブルが怖い方には他の形態のサービスが向いています。

結婚相談所での婚活に向かない人

婚活をサポートしてくれる心強い味方、結婚相談所ですが、この結婚相談所での婚活に向かない方もいます。以下のような方は他の方法で婚活をした方がいいかもしれません。まず自分の個人的データを他人に見られるのがイヤだと思っている方は止めた方がいいでしょう。大手の結婚相談所に入会すれば、相手のデータを閲覧することができますが、同時に自分のデータも相手が閲覧することができます。自分の個人的データが他人の目に触れるのがイヤだという方はこの方法は向きません。知人や友人、身内の伝手を頼るような、自分の個人的なデータが閲覧されない方法で婚活を行う必要があります。また普段の生活パターンによって結婚相談所の形態を適切に選ぶ必要もあります。日々の仕事が忙しくて登録された方のデータすら閲覧できない人は、仲人さんが全ての段取りをつけてお見合いをセッティングしてくれるような結婚相談所を選ぶべきです。異性とうまく話ができない、積極的に動くことができない方も同じです。このような婚活がスムーズに出来ない方は、全て仲人さんにお任せするシステムを選ぶ方が無難です。また時間に余裕もあり、メールのやり取りが苦痛ではない、積極的に婚活が出来る方は自由に希望に添う相手を検索してアピールできるインターネット型が向いています。

こうしてみると結婚相談所にも様々なタイプがあることが分かりますね。けれどもまず何よりも大事なことは、自分がどのようなスタイルの婚活をして行きたいのか?自分の生活スタイルは?性格は?自分自身がどのような相手を探しているか?どのようなサービスが必要なのか?などの点をまず最初に考えてみましょう。そうすることであなたに合ったサービスが見つかります。