結婚相談所の入会から成婚までの流れ

結婚相談所の入会に必要な書類

各結婚相談所で必要な書類が多少変わってきますが、以下のような書類が必要になります。必要な書類は身分を偽っていないかどうかを証明するものが主になります。まず最初に、独身証明書を用意しましょう。結婚相談所は独身者しか入会できません。そのため独身であるかどうかの確認が必要なのです。正式には婚姻用件具備証明書と呼ばれる証明書が必要です。お住まいの市役所や町役場、区役所などに申請すれば発行してもらえます。次に必要なのは最終学歴を証明する書類です。高校が最終学歴ならば卒業した高校に申請すれば「卒業証明書」を発行してもらえます。また希望する年収などをあげるかたも多いため「収入証明書」が必要になります。給与明細や源泉徴収書でも代用可能です。他にもプロフィールに使用するための写真数枚や、健康保険証や運転免許証のコピー、身分証明書などが必要になります。他にも結婚相談所への入会申込書やクレジットカードを使用して費用を支払う際にはクレジットの申込書が必要となります。これらの書類を揃えることは大変ややこしいと思うかもしれませんが、結婚相談所側も余計なトラブルは避けたいところです。ですから身元の確かな方しか入会させません。逆にそれがあなたを守ることにもなります。各種書類を揃えることは、あなたの婚活の第一歩です。また結婚相談所によってはさらに別に書類が必要になることもありますし、上記で紹介した書類が必要ない事もありますので良く確認してください。

結婚相談所の入会

結婚相談所の入会の前に、まずどの結婚相談所を選ぶか?という問題になります。とこでまず、気になる業者さんの資料を揃えて検討しましょう。検討するポイントは費用の支払い額は大丈夫か?どのような活動をしているか?自分の生活スタイルや性格的なものと合うかどうかという点です。どうしても選べない時は思い切って結婚相談所の事務所に電話をかけてみる、実際に会社を訪問するなどの活動をしてみましょう。電話応対がきちんとしていない、事務所が汚い、対応が丁寧でなかったなどの問題があれば考え直した方が良いでしょう。また同時に複数の結婚相談所に入会して活動することもやめておきましょう。気持ちが焦ると掛け持ちをしたくなりますが、一気に様々な方の情報が入ってくるとますます迷ってしまいます。腰を据えて一つの相談所でじっくり活動する方が、結果的にうまくいくことが多いようです。どこの結婚相談所でお世話になるかが決まったら説明を聞き、その説明に納得が出来れば入会です。必要な書類を揃えて入会が可能かどうかを審査しますが、書類によほどの不備がない限り、入会出来ないということはないでしょう。ただし、年収や勤務年数など結婚相談所の規定の条件を満たさない時は入会をお断りされることがありますので、事前の説明を良く聞いておいてください。入会が認められれば結婚相談所での婚活がスタートします。

結婚相談所での婚活・データマッチング

結婚相談所に入会するとアドバイザーやカウンセラーとの面談を行います。聞かれる内容は自分自身の好みや意識、考え方、結婚相手に望むこと(年収や職業、年齢、お住まいの地域など)などです。結婚相談所によって非常に細かいデータを取られますが、より高い精度で理想的なお相手を選び出すためですので自分の心や意思を偽ることはやめましょう。データを取られる時は自分を少しでも良く見せたいと考えてしまいますが、そんなウソのメッキは交際していくうちにポロポロと剥がれていくものです。ここは正直に答えていきましょう。あなたのデータを元にしてコンピューターで条件に合うお相手を選びます。この時のデータマッチングの方法は、アドバイザーがデータを入力し、条件に合う方をメールや電話などで紹介してくれますし、自分で検索することが出来るなら条件がマッチした方に自分からアプローチすることが出来ます。検索したり自分からアプローチするような時間はない、という方はアドバイザーが条件に合う方を選び出しお相手の方の了解を得てお見合いの場所や時間までセットしてくれます。ただし、サービスの内容によっては結婚相談所で対応してくれないこともありますので、どこまでのお世話が必要なのかを事前に良く考えてから入会しましょう。お見合いのセッティングまで対応してくれないと困ってしまう方が、そのようなサービスをしてくれない結婚相談所を選んでしまうと困りますよね。

結婚相談所での婚活・お見合いやパーティー

結婚相談所ではミニパーティーや集団お見合いなどのイベントを行っています。会社によってその頻度は変わって来ますが、年間数百回もパーティーを行っているところもあるようです。人と話をするのが苦にならない方には絶好の機会です。パーティーの趣旨や参加人数などによって雰囲気も変わってきますが、あまり人とうまく話せない方も一度参加してみましょう。人間関係を広げるチャンスです。パーティーや集団お見合いで気の合う方を見つけたら、結婚相談所のお世話を離れて個人的にお付き合いをすることができます。その期間は活動を停止する(新たなお相手の紹介を受けない・パーティー等にも参加しない)こともできます。活動期間を停止しておけば、その間、毎月支払うはずの月間活動費用は請求されません。交際中も結婚相談所に経過報告は定期的に行いましょう。定期報告を義務付けている結婚相談所もあるようですが、義務がなくても社会人のマナーとして、簡単でも良いので経過はお知らせしておきましょう。もし何らかのトラブルが発生した時は、仲人さんやアドバイザーが適切な対処をしてくれる事もあります。交際が途中でうまく行かなくなったら、また新しいお相手を探すことになります。これとは逆にうまく交際が進み、お互いに結婚の意思が生まれれば晴れて婚約です。成婚が成立した際に別途費用を請求する会社もありますので、成婚成立で退会する時はその費用のことも頭に入れておきましょう。けれども費用はかかってもおめでたいことですし、お金ではかえることは出来ません。ここで結婚相談所のお仕事は終わりです。

ざっと簡単ですが結婚相談所での流れをみてみました。生涯の伴侶を探すことは非常に大変なことではありますが、仲人さんやカウンセラーと二人三脚で活動することで、孤独感を感じることなく活動することが出来るのが結婚相談所の強みです。自分の婚活をサポートしてくれる人がいることは本当に心強いもの。結婚したいという強い気持ちを持ったら、次は行動あるのみです。