結婚相談所を利用している人って?

明確な目的がある人

世の中には国際結婚だけを取り扱う結婚相談所があります。お相手も中国やフィリピン、台湾、アメリカ、カナダ、オーストラリアなどかなり広い範囲で選択できます。「アメリカ人と結婚したい」「フィリピンの女性が良い」「同じ仏教徒のタイ出身の女性を希望します」など明確な目的がある方はこのような国際結婚専門の結婚相談所を利用すると良いでしょう。医師や歯科医師、弁護士、パイロット、国家公務員など、特定の職業の男性だけを集めて女性との縁を取り持ち、結婚の相談に乗っている相談所もあります。女性の場合、結婚後の配偶者の収入が以後の生活レベルをどうしても左右してしまいますので、安定した職業の男性を求めることは自然なことです。このように「私は絶対この職業の方と結婚したい」「国際結婚以外に興味がない」「年収は必ず1000万円以上」という目的意識の高い方が結婚相談所を利用する可能性が高いと考えられます。結婚相談所は会員からの希望があれば、一般的な職業だけでなくステータスの高い仕事、収入の高い仕事をしている方だけを選び出して紹介してくれます。このように絶対に譲れない条件や目的がある方にとって、多くの会員の中から確実に自分の条件に合う人を探せる結婚相談所のシステムは非常に魅力的ですね。また条件をアレコレ言わないまでも「どうしても早く結婚したい」と考えている方は、毎月必ず条件に合うお相手を探して紹介してくれる結婚紹介所は魅力的です。「私は必ずこの条件の男性と結婚したい」「こんな女性がいい」という強い希望のある方は、是非結婚相談所に問い合わせをしてみて下さい。希望に添ったお相手探しのサポートをしてくれます。

事情があって出会いがない人

知人に漫画家の方がいるのですが、その方の生活はほとんどが家に「引き篭もった」状態だそうです。家の外に出るのは食事の時、担当編集者との打ち合わせ時、コミケなどのイベントがある時、旅行の時くらいなのだそうです。アシスタントさんが家に来て仕上げの仕事を手伝ってもらう以外は、外部との接触がほとんどないとか。職場で人間関係に悩む方も多い中、他人との接触がないのですからストレスフリーで非常に恵まれているという点ではうらやましいのですが、異性との出会いがない、結婚相手が見つからないという点では考えものかもしれません。これは非常に特殊なケースですが、仕事柄付き合う人が限られており多くの方と接触がない、職場と家との往復で趣味もなく出会いが全くないなど、周囲とのお付き合いが少ない環境にいる方が結婚相談所を利用されているようです。もちろん入会時に身元確認と収入証明が必要ですので自由業である漫画家さんが入会できるかどうかは分かりませんが、普段の生活では異性との出会いがなかなか訪れない方には大変ありがたいサービスと言えそうですね。他にも内向的な性格のため異性と積極的に付き合えない方や、異性との交際に自信がない方にも有用です。

再婚や中高年の方

初婚の方の結婚にも難しさがあるのが現状なのですが、再婚や中高年の方の結婚となるとまた少しハードルが上がってしまいます。一度結婚に失敗した方は、子どもがいたり結婚そのものに自信が持てなかったりでもう二度と恋愛が出来ないのではないか?と不安になってしまうでしょう。また中高何でまだ結婚されたことのない方も「このまま結婚できるのか?」と同様に不安をお持ちかもしれません。そのような方でも、結婚相談所でカウンセラーや仲人さんから親身になってアドバイスをもらい、不安な点を解消して成婚までの流れが見えてくれば自然に心も落ち着いてきます。今や離婚率は30%とも言われており、再婚したいという希望をお持ちの方も大勢います。ですから再婚を希望されている方にとって「再婚は難しい。もう二度と良縁はない」という強い不安を持つことはないのです。また中高年の方も全体的に厳しいことには変わりありませんが、何もしないで日々を過ごすのではなく婚活を行おうとする、その気持ちの積極性こそが未来への第一歩なのです。知人や友人、身内を頼って結婚相手を探すにしても条件が厳しい場合はなかなかうまく行かないものです。より多くの出会いがある結婚相談所や、真摯に相談に乗ってくれるアドバイザーとの出会いが、成婚への第一歩です。

* 世の中は非常に広く、その分さまざまな形態の職業があります。ですから中には異性との出会いがほとんどない職場や、外界との接触がほとんどない世界で働いている方もいます。特殊な環境や仕事の多忙さ、異性とのお付き合い下手など色々な要因で結婚相談所を使用する方が増えています。新しい出会いを求める積極ささえあれば、新たな出会いのチャンスは十分にあります。「もう年だから結婚は無理・・」と悲観せずに、結婚相談所を有効に利用しましょう。