婚活でのトラブル

婚活サイトに潜む危険

会員の身元が確かで、かつアドバイザーや仲人さんが間に入って仲介してくれる場合は、特に会員同士のトラブルは少ないのですが、インターネットの登録しネットを使って交際相手を自分で探すデータマッチング型の婚活サイトの場合は様々なトラブルが発生しやすくなります。それはなぜでしょうか?身元をハッキリさせる事が必要なく、またネット上での人間関係も希薄なため、本来婚活サイトを使ってはいけない既婚者や未成年者、業者が用意したサクラや詐欺師などが紛れ込んでいる場合があるのです。もちろん大部分は本気で婚活をしている方々ばかりなのですが、中には危険な人や関わらない方が良い方もいます。また実際にお付き合いとなると自分の身元(個人情報:住所や本名、携帯電話番号など)を相手に教える必要があり、もしものトラブルに対処できない方は出来るだけインターネット型の婚活サイトは利用しない方が無難です。ただインターネットを利用した婚活サイトは使用料金が安価で、気軽に婚活が出来るため、どうしても安い費用で活動したい方にはこれしか選択肢はないように思えます。ただ身元がハッキリしない方々が大勢いるネット型の婚活はそれなりのリスクがあると知っておいてください。ではどのようなトラブルが発生しているのでしょうか?次はその被害の実態についてご説明しています。

婚活サイトでのトラブル

婚活サイトで起こるトラブルでまずあげられるのは、個人情報の流出です。婚活サイトに登録したはずなのに、全く別の悪質な有料サイトに同時に登録していた、迷惑メールが大量に送られるようになった、わけの分からない請求書が送られてきた、などの被害です。これは婚活サイトを運営する業者が行う不正行為で、どこが安全でそこが安全でないサイトかを一目で見抜くのは非常に難しいのです。プライバシーマークがサイトのTOPページに張り付いた業者さん、個人情報を送信する際に情報が暗号化されて送られるかなどの点で見抜くしかありませんが、素人には分かりづらいですね。そこでインターネット上の評価や口コミなどを参考にすることも有効になります。悪質な業者はすでに名前が挙がって批判されている可能性があるからです。またメールのやり取りをすると課金される婚活サイトでは、業者が用意したサクラの存在も危険です。サクラとは気が付かずにメールのやり取りに夢中になり、気が付いた時には数万円、数十万円もの代金を請求されたという話を聞きます。他にも最初から金銭を巻き上げる目的で婚活サイトに紛れ込んだ詐欺師もいます。詐欺師も個人で活動するだけでなく複数で活動する場合もあり、素人がそれらの詐欺師とまともに渡り合うことは不可能です。このような危険を回避するには、やはり身元の確かな方が集まる結婚相談所を利用するのが一番です。また口コミで評価の良い婚活サイト利用する、身元のしっかりした人が集まるサイトを利用するなどの方法があります。他にも「怪しいな」と感じたら自分の知人や友人に相談したり、実際に婚活サイトで知り合った方に身内や友人と会ってもらう、などの方法もありますが、完全に犯罪を防げるものではありません。インターネット型の婚活サイトを否定するものではありませんが、危険な面があることは確かですので、利用に対しては十分注意しましょう。

婚活サイトで生涯の伴侶を見つける事が出来た方が大勢いることは事実で、婚活サイトを利用すると必ずトラブルが起きるということはありません。けれども身元の不確かな方が参加しているサイトを利用する場合には、何らかのトラブルに巻き込まれる危険性はあるということは理解の上利用して下さい。交際するや否や金銭的な援助を求めてきたり、頻繁に電話やメールを送って来て日常生活に支障が及ぶような方とは距離を置く方が無難です。